企業理念

日本において、コモディティ市場を利用した運用は、株式、債券などの伝統的資産と相関の低いオルタナティブ投資として永年注目されながらも、米国、欧州と比べると発展段階にあり、今後発展の余地は非常に大きいと言えます。

また、金利・為替・株式を原資産とするデリバティブを利用した運用についても、効率的な運用を追求するためのツールとして認識されながらも、グローバル基準では相対的に利用が限定されています。

エレメンツキャピタル株式会社は、独自に開発した運用手法により、デリバティブを活用したトレーディング事業をおこない、日本及びアジアの発展に寄与することを目的としております。

代表取締役 マネージングパートナー
林田 貴士